So-net無料ブログ作成
検索選択

我が街 刈谷6 地元でブライダル [刈谷]

 今週は久しぶりに週末はまたーり。ということで突然、先月4月8日に行った結婚式のことをのせてみました。ちょっとまじめに。

 ご予算少々、地元開催、とりまきはほとんどなし・・・の難条件の中での結婚式でございましたが、どうにか無事開催できたことを関係された方、業者に感謝しております。

 まずはこちら”市原稲荷神社” 桜が満開!

 花見や祭りなどで、名の知れた亀城公園の近くにある神社です。”綿帽子”をするために結婚式は和装でという希望と、ここは敷地内にたくさんの桜の木がありまして、嫁の”桜満開の元で”の希望の元にこちらでお世話になりました。基本的に桜の開花情報を見ながら日取りを決めたのですが、はっきり言って「出たとこ勝負」。そして4月8日と決めたのですが、幸運なことに当日が近づくころ急に寒くなったおかげで開花が遅れ、当日は桜満開の元で式を行うことができたのでした。
 神殿結婚式といえば"お神酒”(笑) 式の段取りは”おそなえ”のやり方しか聞いてなかったおいら、最初に出されたお神酒をすべて飲み干し・・・、すると、何度も出されるので(最終的に3×3で9回)途中からはおろおろしてしまいました。口つけるだけでよかったのねん。(笑) 酒好きの方はよろしい限りですが・・・。あと参列してくれた友人の「マジ顔」も笑いをこらえるのに必死でした。もっともツレもおいらのマジ顔には笑いそうになったといってましたが・・・。一応厳かな雰囲気の中滞りなく済みました。
 ちなみにこちらの神社、結婚式費用は5万円で、当日は数時間貸し切りになります。なかなかよいものです。一生に一度なら。
サイトはこちら→http://www.0-173.com/mokuji/index.htm

 続きましてこちら、貸衣装、美容室の”愛華”

 嫁が調べて探したのがこちらのお店。貸衣装に着付け、美容も兼ねて降ります。”男子”はとにかくこの手のことには疎いものです。おいらも例外ではありません。そしてお店側の話の大部分は嫁中心でございます。神殿結婚式なので、男の衣装は袴。選択の余地は値段とあとは「黒か白」。「どちらにしますか?」 笑点メンバーのような「カラフルな」衣装はありません。(笑・・・当たり前だが) それにしても、男がああいうカラフルな着物を着ることはないことを考えると、あの方々はある意味で選ばれた方々なのだろうと実感。とりあえずおいらは「白」を選択。何で?と聞かれて言葉に窮する。まさか「昔のNWO時代の”黒一色チョーノ”VS”白一色ムトー”を思い出して・・・」なんて言えない。(笑)
 嫁はいろいろやってましたが、男は準備もなく、当日の着付けも30分前後でございます。ちなみにこちらのお店は結婚写真も撮っていただけます。段取りを取り仕切れる人間のいないおいら夫婦の結婚式にとって、オールマイティなこちらのお店は至れり尽くせりでありがたかったです。お値段もかなり「リーズナブル」でございます。
サイトはこちら→http://fuji86.com/apia/

 つづきまして”カトーフォトスタジオ”

 式最中のスナップをお願いしましたが、いろいろ注文や悪条件の中、写真をとっていただきました。神殿結婚式では基本的に「写真は遠慮してください」とのこと。神社に頼み条件付でOKとなりましたが、NGは正面の神殿にお尻をむけること。つまり、正面を向いているおいら夫婦を真正面からは撮れないのです。それでも思案してうまく撮っていただきました。また司会者のいない、ぐだぐだな状況の中、集合写真等も取り仕切っていただいて・・・。機転の利いた方でございました。
 こちらの店では、かなり強力な機械も導入されているとのこと。そしてこちらで撮った写真のデータはすべて保存されるそうです。あとでの焼き増しや、気が向いたら「写真集」まで作ることが可能だそうです。
サイトはこちら→http://www.kato-photo.co.jp/

 最後にこちら”ムッシュサトー”

 引き出物もなしということで、来ていただいた方にささやかですが、おみやげを出しました。こちらのお店のシュークリームと桜ケーキ(期間限定)でした。シュークリームはさくさくの皮に冷たいカスタードが入っていて、うまいです。それにしても”ムッシュ”といえば”かまやつ”か”吉田(阪神の元監督)”を思い出すおいら。しかし”ムッシュ”とはフランスではたいへん威厳のある呼び名(冠定詞?)なのです・・・。
 ちなみにイトーヨーカドー(今は呼び名が変ったっけ)の高倉店の地階にも出展しております。

 あと大興タクシーさんのブライダルカー。どんな車かと思いきや、後部座席の天井が”ミニガルウイング!”綿帽子をかぶった花嫁は首が動かせないのです。行きだけの短い走行でしたがありがとうございました。

 こうして全て、「刈谷で、刈谷の業者に頼んで」行うことができました。全て自分たちで問い合わせて交渉、大変でしたがどうにか無事満足いく結婚式ができました。一応刈谷定住に当たって、自分の中に、ささやかながら「地元意識」を身につけたくこだわった次第ですが、地元業者の皆様
ご協力ありがとうございました。そしてわざわざ来ていただいた皆様ありがとうございました。

昨今、失われつつある”郷土愛” 逆にこれから自分ではぐくんでいくのも悪くないかと思います。同様にこれからFC刈谷も末永く応援させていただく所存でございます。(笑)


我が街 刈谷5 刈谷駅前の・・・ [刈谷]

 上の写真は刈谷駅前で3月5日に撮ったものです。”偽装マンション問題”が持ち上がった初期の頃、耐震強度が不足しているという事で、すぐに”潔く?”取り壊すことになった刈谷駅南口の”名鉄イン ホテル”の変わり果てた姿です。(涙) このホテルは「刈谷駅から濡れずにチェックインできる」のが売りで宿泊料金もリーズナブルなホテルなんだそうです。(おいらは泊まった事がないが・・・地元に住んでるので) それにしてもいいのか悪いのか・・・対応は早かった。(爆)普通なら難色を示す人が出てもいいようなものだが、どういうわけか?あっさり。意外に宿泊客が少なかったのでしょうか。(わかりませんが) それにしても朝、駅に嫁を送るときといい、写真を撮ったとき(土曜の昼間)といい、見物客?が意外に多いこと・・・。やはりものめずらしいのでしょうか??? 
 駅自体が名鉄、JRの相互乗り入れで利用客も多い割に、駅北口、南口共に特に名物もない刈谷駅。跡地はどうなるのでしょうか? 金山の”アスナル”とは言わないまでも、そんなような駅周辺にならないかなぁとひそかに期待するおいらです。


我が街 刈谷4 ギャンブラー来るべし [刈谷]


 さてこの店は何屋さんでしょう?・・・。正解は刈谷駅北口を出たところにある、”さくら薬局”でした。見ての通り・・・、よく当たるらしいです。(笑) おいらも今日締め切りの今季初の”TOTO”を買ってまいりました。こちらの薬局にはちょくちょく、TOTOを買いに行きますが、薬はまだ買ったことがありません。(すみません) それにしても・・・。ちなみに入り口のところに「TOTO当選出ました 1等1239万円!」と張ってありますが・・・、TOTOは買う人が予想するものなので、どこで買っても一緒なのですが・・・。でも”当たった!”とこれだけ言われれば、説得力があります。ちなみにこの薬局には駐車場も”一応”ありますが、交差点の角地にあるので駐車するのは現実的ではありません。ということはこの薬局に来る方々は、近隣の方や、DENSOなどの近隣の会社にお勤めの電車利用のサラリーマンが多いかと思われます。それでいて、これだけ当選者が多いということは、おいらの知らない近隣住民の方々の中にも結構な数の当選された方がいらっしゃるのかもしれません。うらやましい!今回はおいらもあやかってみました。いつの日かおいらも当選したあかつきには、こちらの薬局の入り口付近にでも堂々と張っていただきたいものです。


わが街 刈谷2  いつもお世話になってます。 [刈谷]

 おいらはマンガ喫茶が大好きです。でもマンガはあまり読みません。(笑)せいぜいアイシールド21くらいです。では何しに行くのか?活字フェチのおいらは雑誌や新聞を見に行くのでした。そんな訳でわが街刈谷の第2弾は、その名の通り、”マンキツヤ”です。(週1でお世話になっております。) マンガ喫茶だから”マンキツヤ”なのか?満喫できるから”マンキツヤ”なのか?ネーミングの由来は一度聞いてみたいとこですが・・・。できたのは、わりと最近(といっても2年は経つだろうか?)だが、客足はそこそこといったところか、満員で入店をあきらめたことはありません。ランチはご飯の大盛りが無料だったり、ランチ後のドリンクがプラス100円で飲めたりとありがたい。また最近はモーニングも充実してきました。また、いつも挑戦しようと思っているのですが”マンキツヤピラフ200○”(○には年号が入る)気になってます。開店当初はおいら的には近所にできたのでありがたいと思ったのですが、客足がイマイチ(に見えた)だったので、その頃に刈谷定住を決めたおいらは応援もかねて?頻繁に行ってました。(その頃、何回か忘れ物をして恥ずかしい思いもしました) 最近はリピーターも増えたようでうれしい限りです。ほぼ定着したでしょう。
 小心者のおいらとしては言いにくいのですが、「なぜ週刊プロレス&週刊ゴングと2冊も週刊プロレス雑誌があるのに、週刊のサッカー雑誌がないのでしょう?」 店長OR経営者の方は”プロレス好き”なのでしょうか(笑)
それだけが小さな不満ではあります。
 場所は刈谷市寿町です。一応店舗はこんな感じです。刈谷市発展のため足をお運びください。(決して店の回し者ではございません。あしからず)


わが街 刈谷  ・・・主婦ばんざい。 [刈谷]

 そういえば「KARIYAN CAFE」とblogを命名したにもかかわらず、何も「刈谷」のことに触れていない。といってもごく一般的な街の概要に触れてもしょうがないので、おいらがよく行く所などに触れてみたいと思う。
 今週、おいらの嫁が体調を崩した(涙) もともと一人暮しが長かったおいらは身の回りのことをするのは特に困らないのだが、唯一の問題が「夕食」である。出来ないことはないが、所詮は「男の料理」程度のものである。そこで今日は刈谷市含め5店舗もある、スーパー”ヤオスズ”に行ってみた。高津波町にある”ヤオスズ”は小さいからなのか?”ヤオスズポケット”という店名だ。以前から嫁に「西三河は物が高い」と言われていたが、実際行ってみると・・・、基準がわからない(笑) 10円安いものを求め、チラシを見てはスーパーめぐりをする主婦の涙ぐましい努力はすばらしい(爆) さて狭い店内にはたくさんものが所狭し置いてある。ただ・・・新鮮な食品の見分けがつかない、お菓子は食べない、缶詰その他もろもろ・・・あまり興味がない。(涙)毎日のように献立を考え、料理を作る世間の主婦の大変さをあらためて感じる。そんな中、惣菜コーナーではけーん・・・なんとポリのトレイにカレーが入っているパックがある!カレーは家で作るもの、あるいはレトルトと相場は決まっているが、ここにはカレー単体で、しかも今日作った物がトレイに入りパックされているのだ(驚) そして”モチ豚トンカツ”??なんだ?普通のトンカツとは違うのだろうか? 謎だ。ちなみにこの”ヤオスズ”は惣菜コーナーは売りの一つだそうでなかなか品数種類が豊富である。そしてレジでは会計をすると「刈谷市のでいいですか?」と聞く。何かと思えば、レジ袋の袋に”刈谷市のごみ袋(小サイズ)”をくれるのである。細かい気配りだ。
 結局、面倒くさくなったおいらは、食パンと惣菜を1品だけ買って店を後にしようと思ったら、チラシが目に付いた。”1月の買い得カレンダー”らしきものだが、見ていると「ケーキバイキング」「○○ハムフェア-」など毎日のサービス品が細かく書かれていた。さらにその横には”店長直通便”なるお客さんの投書とそれに対する返事が手書きで書かれた掲示物があった。なかなか努力をされているスーパーである。客(暇な主婦だろうか?)は自分勝手に色々書いているが、真摯に答えている店長にちょっと感動。小さな努力がよい店を作るのだろう。また、10時から22時までの営業時間もすばらしい。市内には4店舗の他に知立にもある、西三河ローカルである。発見したのは最近で、嫁と一緒に来たらまずまず気に入っていたのだが、おいらも自分だけで来てみると”スーパー”もなかなか楽しいものである。
 ちなみに明日のお買い得品は”夕方出来、チキンナゲット10個で200円!”とのこと。明日も行こうと思う(笑) ちなみにおいらはスーパーには義理もなければ、回し者でもない。
詳細はこちらhttp://www.yaosuzu.co.jp/index.html


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。