So-net無料ブログ作成

2012.6.3(2) プロレスリングNOAH 名古屋大会 [プロレス]

 中京大学豊田キャンパスのサッカー場を後にし、国際会議場へ。過去2回のNOAHの客の入りは・・・、んで駐車場も余裕あるだろうと、タカをくくっていましたが、意外に・・・。まぁ、他団体に比べ、客席はかなり間引きされてましたが、思った以上の動員。もっとも新日・全日・健介のとこのファンが入っていたのもあるだろう。にしても、千種や刈谷のことを思えば、予想外でした。ただ名古屋でビッグマッチということで力を入れたのでしょうが、裏を返せば、前2回はかなりの手抜き? カードを豪華にしたからとか、そういうことではなく、会場の空気自体が違います。毎回、ここまでとは言わずとも、せめて”やっつけ感”漂う大会は遠慮していただきたいものです。

今日は永田、健介、そして生で諏訪魔が初めて見れるので期待していました。近藤もドラゲーのとき以来です。

12.06.03NOAH1.jpg

んで、試合はというと、まずまず面白かったです。ただ勝敗はほぼ予想通りでした。この団体は意外性には乏しい。メインはややラリアットばかりで食傷気味にはなりましたが、重量感ある試合は迫力ありました。近代では外国人選手にこういう試合が求められないのが、ちょっと悲しいですが・・・。森嶋はムーンサルトなんて出来るんだなと。ケツ攻撃は昔のサンダー杉山を思い出して、理にはかなった攻撃ですが、なんか格好悪く、”エース”と呼ばれる選手の使う技ではないと思うのです。まぁお手軽な技ではありますが・・・。 密かに「マイバッハが乱入して、試合ぶち壊して、どちらも怒り心頭。客も大荒れ」なんて期待しましたが・・・、まぁ、ないわな。

12.06.03NOAH2.jpg

セミは、カード的には「小峠を売り出したいんだな」な感じですが、確かに人気が出そうな感じですが、試合的には「まだまだ早い」感じ。全てにおいて”唐突感”ばかりで、金丸のうまさでなんとか見られるものでした。「決めるぞ!」 何回言った? もしかこれで小峠がベルトを巻くようであれば、なんだかなぁ・・・という感じでした。

12.06.03NOAH3.jpg

マイバッハはなんか処遇に困ってしまうような・・・。過去2回も含め、この人の試合は、マイバッハのなんとも言えない中途半端さと、逆に試合の大半やられながらもいい味を出して試合を引っ張る平柳の妙なコントラスト。(笑) マイバッハは動きと見てくれの割りにほとんど印象に残りません。逆に健介はだいぶ昔に見た新日の時から比べても、ムーブはほとんど代わりません。直線的なあの動きも。でも逆に言うなら歳をとっても迫力・説得力はすばらしい。コスチュームが歳を取っていくにしたがって派手になってますが・・・。まだまだ元気な姿を見せて欲しいです。高山の方は迫力はありますが、だいぶ動きは・・・。そもそも高山も含めた、このユニットの存在意義は? っていうかNOAHにはユニット抗争の意義ってあるのか? 他団体は皆それを中心に進むのだが、なんかこの団体にはその抗争の争点が常にぼやけている。ストーリー作りがド下手のは分かるのだが、ならば、よその手法を真似て無理なユニット抗争などしなくてもいいと思うが・・・。

永田の試合に外れは無し。何故新日では冷遇なのか? 勝敗はノアの勝利となりましたが、ほとんど永田の印象しかありません。なんか丸藤も悪くは無いんだけど、永田の前だと陰気臭く見えてしまう。本人談の通り、青く染めた感はありました。ただ・・・、退場時にえらい新日ファン?が盛り上がっていたが、なら新日でももっと支持してあげればいいのに・・・、とも思ってしまう。 逆に染められた丸藤&ヨネだが、個人的には生のヨネの”筋肉バスター”に萌えた。漫画の世界から・・・。さすがに凶器を持って”スクリュードライバー”をやる奴はいないだろうが。パロスペシャルはたまに見るな・・・。

一番面白かったのは、秋山のファイト。カズや近藤を小馬鹿にしたように、あしらい焚きつけ、そこに諏訪魔が絡んで、潮崎が一応応戦し、半分マジギレにも見える、この殺伐感が良かった。諏訪魔はテレビでは見るものの、生は初めてで、もっと、なんと言うか”ぶちょっ”としてるかと思ったら、全然。余計なモノがすっかり削げ落ちて、体型もファイトも大型ながら研ぎ澄まされ、迫力と説得力は抜群。残念なこと所属団体にライバルになりえる選手が少ないのが・・・。でも、やっぱり団体の看板は大きい方が見栄えがいい。また久しぶりのコンドッティ・・もとい近藤は、すっかり全日本のレスラーになってました。どちらかと言うと、ファイトスタイルや見栄えも含め、ドラゲーの中では”逆に”異色でしたから、むしろ”正統派なレスラー”としてやっている今の方が全然良いです。逆にせっかく暴走気味の面白い展開になったのに、1人だけ”すかしてる感”があった潮崎はなんだか・・・・。こういう流れの時は、もっとがっついていかないと・・・。今の立ち位置解っているのか?

興業のパッケージとしては楽しめました。が、他団体のレスラーが絡んでの展開。団体対抗戦みたいな形は、その場や時期は盛り上がるが、これが普通になり新鮮味が無くなれば、売りがなくなり、先細りになってしまう。もっとも、そんな先の事など考えていられないのだろうが・・・。なんにしてもこうして、次への興味を繋いでいくしかないのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。