So-net無料ブログ作成
検索選択

2012.6.3TSL第4節 中京大学FCーFC刈谷 [FC刈谷]

 先週の手痛い敗戦で、早くも崖っぷちに近づきつつある我が軍。過ぎたことを嘆いていても仕方ない。ライバルとの直接対決までは、勝ち点を落とさないようにするしかない。今日の相手は学生さん。

12.06.03中京FC-刈谷2.jpg

「勝敗では申し分ない結果。でも・・・、中身はそんなに先週と変わらない」 違うのはセットプレーで先制、PKで加点、前半終了間際に遠目からの征矢のゴールで加点と、取るべき時に取って、常に優位にゲームが運べたこと。だが点差が開いても、戦いぶりは一緒。せっかくの余裕ある展開が生かせず、どこかチグハグで特に後半はドタバタ。試合通じて中京が組織としてはほぼ機能せず、攻撃は前線の縦の突破のみ。守備も運動量や球際は激しくも、全てに個で戦っていた印象。ややラフプレーも多いのだが、そこにわざわざパスを繋いで攻め入るのもどうなのか? また自陣でのパス回しも、勝っていて相手がプレッシャーに来ないなら、もっとゆっくりしながら前線が動くのを待てばいいものを、何故か急いで短く動かし、逆にミスからピンチを招いてしまったり・・・。そして先週同様GKとDFの連携が悪く、どこかぎこちない。点差に関わらず、チームとしての狙いがあってのあの試合運びならいいのだが、とても勝っているチームの戦いには見えなかった。後半など本当に「いたずらに時間が過ぎた」感じだった。交代選手もせっかく張り切って試合に入っても、なかなか周囲がそれを生かせずで、これでは途中に入った選手もアピールにならない。

12.06.03中京FC-刈谷1.jpg

救いはエースのハットトリック。だがせっかくの大石のシュート意識の高さは、裏を返せば、「誰も打ちたくねぇなら、俺が打っとくか」 に見えてしまう。そして今日の得点は組織で崩したというより、大石のポジショニングの良さが光ったものばかりだった。逆に大石が欠けてしまったら、ゾッとする・・・・。

今日は学生の稚拙な部分に救われた感じ。それでも勝ち点3が得られ、守備も一応無失点。流れが変わる事を期待したい。でも、それは運任せではいけない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。