So-net無料ブログ作成
検索選択

2012.5.19プロ野球セパ交流戦 中日ー埼玉西武 [ドラゴンズ]

別に采配は冴えてなくとも、首位にいるドラゴンズ。エコとは無縁の無駄に塁上を賑わす割には、必要最小限の得点力(結構出てるホームランはソロばかりなり)と、強力な”はず”のリリーフを無駄に使い、終盤に劇場を作りだし、盛り上がる相手ファン。なんか違和感ばかり感じるシーズンですが、今日も懲りずに交流戦初参戦。

12.05.19中日ー西武2.jpg

途中までは良かったんですよ。平田が高めの糞ボールをひっぱたいてバックスクリーンに叩き込んだり、”これぞ意表をついた采配”荒木のスクイズと、安心モードだったんです。先発山内はすっかり自信を付けMAXは140キロあるかないかですが、動くボールを低めに集め、三振は少なくとも打たせて取る内容。芯で捕らえても強い内野ゴロだったり、捕えたはずのボールが意外に飛ばなかったり。西武サイドはちょっと困惑してたのではないでしょうか。冴えない三塁手の暴投からのピンチも冷静に切り抜けて7回まで90球ちょいで被安打3の無失点。さらに7回に谷繫の貴重なタイムリーで欲しかった追加点も取って3-0。

んで問題はここから。さらにチャンスで山内に回ると、なんと代打山崎・・・・。4点目狙いって? 

「選手起用にファンサービスは要りません」 

アクシデントでもあったのか?  こういう時に最後まで投げさせらない山内に問題があるのか? いやいや今日の内容で最後まで行かせなかったら、この先完投・完封なんてあるのだろうか? 権藤さんは結構先発を引っ張るおかげで、今年は中田や岩田、山内あたりが頼りになる存在になっている。ならば今日は、山内に最後まで預けてほしかったが・・・。今のリリーフ陣はそれほど信用できないと思うが・・・。

一ファンの戯言、「考えとるわい、バカヤロー!」と言われるかもしれないが、その後の展開が絵に描いたような転落の構図。西武側からすれば、絶対ありがたかったはずの投手交代。長いイニングのリリーフのはずの山井が勝ち試合のセットアッパー? 投げてみなければ、その日の出来がわからない人が? DeNA戦から復活気配のおかわり君をさらに調子に乗せ、コバマサに尻拭いを頼み、最終回もネルソンなら面白いと思ったが、フツーにヤバイ岩瀬。先頭打者を出塁させ三塁まで行かれ、最後の最後、辛くも辛くも逃げ切る勝利劇に、ベンチの山内は何を思ったか・・・。

気持ちよく勝つはずが、最後にまたもリリーフに要らないダメージを追わせた。これでは「ファンと共に」ではなく「不安と共に」です。ちなみに三塁コーチを代えたようですが、「壊れた信号機」が「開かずの遮断機」に変わっただけです。森野のタイムリー・・・と思ったら、三塁を蹴ってホームへ・・・の大島が半分まで来てから慌てて逆戻り・・・。 んで次のベンちゃんが注文通りの併殺打で無得点。ベースコーチについて要らなく騒ぎが大きくなり、皆ナーバスになってます。また交換作業が必要になるかも・・・。

12.05.19中日ー西武.jpg

「今、全然、行けたんじゃないですか?」 「俺、しらね」 なんてことは無いだろうが・・・。

まぁ、山内が本物になりつつあるのが今日の収穫。味方がいらないピンチを作りましたが、それも含めて安心して見ていられる投球でした。そろそろ厳しい要求を課して完全に一本立ちさせてほしいところです。

「ベンチが余計なことをしなければ、普通に勝てる」 とか言われなければいいのですが・・・・。 (笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。