So-net無料ブログ作成
検索選択

2012.4.29全社愛知予選準決勝 FC刈谷ーChukyo univ FC [FC刈谷]

12.04.29FC刈谷ーChukyoFC.jpg

あまりの暑さと陽射しで、家に帰ったら日焼け後がヒリヒリと痛い。寒いと思っていたら、いつの間にかこんなに気温が上がるようになった。最近の天気はおかし過ぎる・・・。

昨年逃した天皇杯予選の出場権もかかる今日からが、新シーズンの本番と捉えていた。相手も東海1部の同じカテゴリーでここまで順調に上げてきたチーム力がどれほどのものなのか?と楽しみに名古屋港に出向きましたが・・・、

「完勝!」 

思っていた以上に出来が良かった。相手が学生チームでまだ4月ということ組織力が足りない分は差し引かなければいけないだろうが、そこそこに体力、個人技等の能力は備えた相手に大量得点の無失点勝利。試合通じて一方的にゲームを支配し、左右バランスのいい攻撃、コンデションが良かったのか攻守に球際での反応が早く、全てに学生を圧倒。前半で勝負を決めた。後半はもっと相手が破れかぶれの攻撃に来るかと思ったが、その”破れかぶれすらさせなかった”。例年なら、こういう試合での多少のポカもあるはずなのだが、隙も与えなかった。もっとも明日に備え、選手温存の手もあるだろうが、交代枠の関係もあり、怪我を抱える選手の兼ね合いもあったか。だが、松田、福谷、高橋の途中出場選手もアピールの場でもあり、決して気の抜けたところが無かった。今年は層も厚くなり、いい意味での競争原理が働いている。見たい選手が多いというのは楽しくもある。

明日の決勝はマルヤス。毎回力で劣るとは思わないが、なんとなく分が悪いというか、してやられる部分が多い。2試合目も見たが、まぁマルヤスらしい勝ち方。内容では蹴球団の方が断然押していたが、勝負所での集中力と、ちょっとの運を手繰り寄せる力が勝敗を分けた。蹴球団にはもったいない試合だった。

今の力関係なら、だいぶ有利に戦えるはず。ただ、今期の序盤からのように”手堅く慎重に”ゲームに入ってほしい。慌てず騒がず、落ち着いて。武器はたくさんあるのだから。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。