So-net無料ブログ作成
検索選択

2012.4.8プロ野球公式戦 中日ー東京ヤクルト [ドラゴンズ]

 昨日とはうって変わり、風も無く晴天の中、屋根付き球場に参戦(笑) 逆にこの時期は外の服装を外の天気に合わせて行くとドームは暑いんですよねぇ・・・。おかげでビールもうまく・・・、とはいかず、ずいぶん苦いビールになってしまいました。

12.04.08中日ー東京ヤクルト2.jpg

”ファンとともに”もいいですが、選手起用までファンに合わせるのはどうなのでしょう? 昨日の敗戦で連勝が止まったことで、逆に代えるチャンスと思ったのですが・・・。4番はあの方でいいんですか? 両外国人は結果も残してますし、もっとチャンスがあってもいいのでは? しかも危機管理能力の欠如で、守備固めに入れた1番の選手にビッグチャンスが2回巡る不運。しかも不甲斐ない結果。左の代打の切り札を2軍に落としてまで、ドラフト1位の子をベンチに置いて中途半端なチャンスを与えなければいけないのか? 前政権では身体能力だけでプレーし進歩無く、半ば干されていた選手が代走?んで、私の嫌な予感が的中・・・。連勝中でも、どこか違和感を感じていましたが、いい時はいつまでも続かない。打線は間違いなく、昨年より打てます。けど・・・点の取り方は昨年に比べて、大幅にへたくそになりました。ヒットは出るけど点にならない。結局、溜息の回数は変わりません。救いはまだファームも含め戦力はいるということで、そろそろ入れ替えもありです。

今日は2つの印象に残るプレー。ひとつは”反撃ののろしを完全に消し去る”代走東三河の星の珍走塁。さぁ、チャンスというところで、絶対やってはいけないプレー。ただ現監督さん、イメージは堅実な職人肌ですが、采配は意外と山っ気が強い。ヒットエンドランは決まれば大きくチャンス拡大ですが、失敗すると一気に萎んでしまいます。今日の展開あは完全な投手戦。手堅い策で十分です。ヤクルトの積極的な盗塁策に変な対抗心を燃やしたのでしょうか? あのカウント0-2の場面ははっきり言って、素人でも”やってくるだろう”と思える場面です。もちろん東三河の星があっさり牽制に引っかかったのは間抜けですが、バレバレの作戦もどうなのでしょう?  

もう1つは、交代選手の順番がどうなのだろう?と思う中で、代打で出た福田の気持ちいいほどのフルスイング。去年より一段と足を上げるフォームで思い切り強振。他球団を見てもああいうタイプは今貴重です。細かいことを言うより、のびのびやらせる価値があります。(平田もそれで頭角を現してますし) 今日のストレスの溜まる内容の中、あれが一番スカッとしました。

12.04.08中日ー東京ヤクルト1.jpg

この方は、今日もらしい投球を見せてくれました。図々しいまでの130キロ台前半のストレートが堂々と炸裂! 年齢がいつも取りざたされますが、間違いなく”重要な戦力”です。ただ・・・、2度目の好投も報われず、なんか昨年のネルソン臭がしてきてます。なんとか早い援護射撃を!

今年は特に投手力の充実と言うか、貧打病というか。セリーグは特に投高打低で、近年、好投手は現れど、強打の若手の台頭がほとんどありません。明らかに野球の質というか、内容が変わっています。中日の前政権の守りの野球による好成績に、他球団が大きく影響され、補強も投手重視、スタイルはディフェンス強化が重視され、チームを構築していることで、ディフェンスを重視してないチームが沈んできている印象です。攻撃も足や小技が重宝され、逆に本塁打が激減しています。この先、その流れをさらに強化するのか? あえて立ち向かい攻撃に重点を置くのか? 中日も含め他球団も興味深いものがあります。でもやたら完封試合が多いのも・・・。どうなのでしょう? あぁ、前回酷評したカープが急に上昇気流に乗り、本日はついに3点以上取りました。そして首位浮上。やるではないか! 昨年の優勝チームのような、「強力投手陣」+「しゃもじ貧打線」でどこまで走れるか?興味深いです。 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

バーバリーブルーレーベル

お世話になります。とても良い記事ですね。
by バーバリーブルーレーベル (2013-08-01 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。