So-net無料ブログ作成
検索選択

2月27日 第51回刈谷市長杯サッカー大会決勝 FC刈谷ー刈谷高校 [FC刈谷]

 久しぶりに、というか新シーズンが始まります。報道等で存続が危ぶまれていたのは周知のことですが、どうにか新体制で2011年度も戦うこととなりました。

第51回刈谷市長杯サッカー大会決勝 @ウェーブスタジアム刈谷 観衆 市内のサッカー好き多数

FC刈谷 6-1 刈谷高校  得点者 5.23.45+1大石 21中山 25川上 40征矢 (FC刈谷のみ)

11.2.26 FC刈谷ー刈谷高校1.jpg

結果はともかく(やや参考外ですが)、加藤新監督の下、どういうサッカーがやりたいのかはある程度見えました。長きに渡り活躍した日下、篠川、さらには原賀、熊田、ヒョイルらJFLでも活躍した昨年のレギュラークラスが多く退団し、どうなるか見ましたが、まずまずなのではないでしょうか。

攻撃では昨年の、”ゴールに近づくほど手詰まり感増大”という状態を現役で見ていたであろう加藤監督。この日はゴールに近づくほどに早く、シンプルにボールを繋ぐことが徹底されてました。中盤の押し上げや、新加入右SB川上の積極的な攻撃参加もあって前半で6得点をあげたのは、その成果だと思います。また残留組の大石は前線で落ち着いてプレーし攻撃陣を引っ張り、中山の超絶スピードの突破は健在。少なくとも昨年の日下のような特定の選手にばかり負担のかかる攻撃ではありません。ただ・・・、後半はとても6点とって勝ってるチームの戦いではありませんでした。運動量が低下。前半は結構動いてたので反動はあるかと思いましたが、にしても元気な刈谷高校のひたむきな走りに明らかに押されてました。ならば”大人”の戦いをして、いなすことも出来るのでは?と思いましたが、後半のチームのプランが分からないのでなんとも言えません。ただ・・・、前半のような速いテンポで攻撃を仕掛けるのが基本線なら、運動量やスタミナという点では不安です。なんといっても日下のようなキープ力があってボールを持てる選手は少ないので、チーム全体でキープ力を上げて支配力を高めないと・・・。後半は特にこの部分が顕著に現れました。

11.2.26 FC刈谷ー刈谷高校2.jpg

新加入選手では、右SBの川上が目立ちました。決して”華麗”と”速い”とかではなく、”タフによく頑張れる”選手です。今までこのタイプの選手は刈谷に居なかったので、新しい風を入れてくれそうです。坊主頭が酒井とかぶるのが難点ですが(笑)あと中盤のサイドに入った福谷の左足の鋭いプレースキックはなかなか面白い。流れの中では攻撃のアクセントになってほしいところ。また残留組の征矢は昨年もキラリ光るプレーも出るが、総じて単発。出場時間も短かったのだが、今年は多くなりそうなので、中盤の攻撃面は彼が引っ張ってほしいところです。守備陣ではGKの桜井はこの日はあまり見せ場はありませんでしたが、全部で18人の登録の中、GKは3人。切磋琢磨しチームのピンチを救ってほしいところです。まずは”ビシッとした声”が出ていました。(笑、タマゴ・・・・) DFは選手層が心配です。そして個の能力のことより、チームにボールキープ力がやや欠けるので、攻守の切り替えで全員がしっかり守備に動けず、DFラインだけで守ることが無いようにしたい。守備的MFの酒井や庄司の運動量は期待できるが、とにかくチームで守る意識を高めたい。”俺たちのナス”は左SBでスタメン登場! これから全盛期を迎えるであろう彼には今シーズン大いに期待してます。

相手の刈谷高校はよく戦ってました。失点に関してはセットプレーなど、やや個の力量差が出る厳しい局面でのもの。トータルの運動量ではFC刈谷を上回っていましたし、点差が開いたからと投げやりなプレーをすることなく堂々と得点を狙ってきました。前半の6失点でしたが、個人的には後半、得点、あるいはインパクトのあるプレーでFC刈谷を脅かさないかなぁ、と思ってましたが、見事に得点! こういう1点は、形はどうあれ自信になればと思います。 余談ですが開始早々FC刈谷が自陣深くでパスミスがあり、GKとの1対1決定機を迎えたのを外してしまったのが・・・。あれが決まっていたらあるいは・・・なんて展開もあったかもしれません。 にしてもよく戦いました。

11.2.26 FC刈谷ー刈谷高校3.jpg

頑張れ、地元っ子! 北川。

今日は結果はともかく(一応市長杯の表彰はあるが)、FC刈谷が2011シーズンも戦い始めるというのを確認できたことで良しと思います。選手の成長とともに加藤監督の手腕にも期待してます。

最後に・・・、これまでFC刈谷で必死に戦ってくれた退団した選手。今まで本当にありがとう。どの選手もFC刈谷に居てほしかったが、決断は尊重します。そして新天地、職場などでの活躍を願ってます。 チームは生き物。別れがあれば出会いあり、その入れ替わりと、そして試合を重ねることがチームの歴史となり力になります。新加入選手には我々に大いなるインパクト・感動を与えてくれることを期待してます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。