So-net無料ブログ作成
検索選択

8月25日 DRAGONGATE 刈谷大会 [プロレス]

 このところ、すっかり組み込まれてるようです。ドラゲーの刈谷興行。CIMAもずっと「刈谷のことを考えてた」そうですから(笑) 国際会議場や県体のビッグマッチと違い、地方興行ですが、逆の地方興行ならではの良さがよく出た大会でした。

10.8.25 DRAGONGATE刈谷1.JPG

本日の眺め。あいおいホールは500人くらいで満杯か?

※いつものことですが、ここから先の内容は、各方面にご迷惑をかけるといけないので、ネタバレ(結果等)もなし、写真は雰囲気だけ感じていただければと思います。もし不都合がございましたら速やかに削除いたしますので。

10.8.25 DRAGONGATE刈谷2.JPG

第1試合の前。吉野と土井がつかみの挨拶。前日の試合によって、東京中日スポーツの”裏一面”を飾ったらしい。だが・・・、表一面にならなかったことを悔しがっていた。その日の一面は、

”落合退場!” なんとも・・・。中日ファンを代表して、申し訳なかった!

10.8.25 DRAGONGATE刈谷3.JPG

で第1試合はYAMATO、サイバー対土井、ハスキンス。まるでカラーの違う同士のタッグマッチ。前回見た時も感じたがサイバーの好調ぶり。動きすぎのドタバタ感はまだ感じるが、じっくりした攻防でも技の重厚感が映えるようになってきた。YAMATOのクラシカルな攻防もあって、この団体の第1試合の”最初からとばしていこうぜ感”ではなく、非常に落ち着いて見れる第1試合で、私はこちらの方が肌があった。地方大会は全5試合だけに重要だ。

10.8.25 DRAGONGATE刈谷4.JPG

第2試合は横須賀対Kzy、個人的には今日のベストバウト。地方大会でよくある観客(子ども)をいじりながら、コミカルに試合が進んでいったのだが、前回は酷評したKzyが今回はかなり良かった。シングル戦というのも良かったが、あのしゃべりが良かった。結構いい声だし、表情も豊かだ。どことなく、”悪役を演じる中村獅堂”を思わせる雰囲気。でも試合入ると急にチープになってしまうこのギャップ。リング内の正当な展開が少なかったのもあるが、場外戦等の荒れた展開が多かったことで持ち味が発揮されたか。シングル戦は肉体的負担は大きいが、自分の個性は出しやすい。その意味でよく見えたのかもしれないが・・・。神田、新井が欠場、純粋なヒールが今日は他に出なかった事で観客の印象にも残った。でも・・・享も結構シャレが分かるのね。でもって、この試合の一番の勝者は八木さんでした。(笑)

10.8.25 DRAGONGATE刈谷5.JPG

第3試合は”我らが堀口元気”が刈谷に本拠地を置く団体DEPの正岡とのシングル戦。昔は他団体の大物を多くゲストに迎え興行に彩りを添えたドラゲーも時が流れ、逆にインディーを中心に若手、中堅選手をゲストに迎えることが多くなった。こうして他団体とのコネクションやいい選手の発掘を見据えてるのだろう。正岡には一部の熱心なファンから声援がかかったが、そこは百戦錬磨の堀口。受けの強さで相手の攻撃を数多く受けつつ、自分の個性も見せ付ける。カード的に特に因縁や殺伐とした空気もなく、純粋なプロレスの攻防を楽しめた。若いスター選手が増えたドラゲーだが、懐の深さではまだまだベテラン勢。正岡にしても、相手が堀口というのはやりやすかったのではないか。にしても、こういうカードでもしっかり観客を沸かせる堀口はさすがである。でも堀口のシングルマッチって最近では珍しいなぁ・・・。ちょっと得した気分。

10.8.25 DRAGONGATE刈谷6.JPG

休憩明けてセミファイナルは、望月・フジイのベテラン軍←このネーミングベタ過ぎないか?対鷹木・KAGETORA。こちらもベテラン軍が好調を維持。だが、彼らのバチバチの攻撃を受け切れないと魅力は半減なのだが、この日はKAGETORAが大奮闘。激しい打撃音とともにモチフジの攻撃を見事に受けきった。器用ではないし派手な空中戦があるわけでもないKAGEだが、観客に痛みの伝わるプロレスを見せ付けた。

10.8.25 DRAGONGATE刈谷7.JPG

いつもながらモッチーの蹴りは、凄まじい音が鳴る。色々言われるプロレスだが、あの音は、そんな雑音を受け付けない説得力がある。プロレス嫌いの格闘技オタも一度生で見るといい。ちなみにモッチーは空手出身だ。フジイさんのツッパリが見れたのは嬉しかったが、もう少し腰を入れて激しく張ってほしい(笑) かつての天龍チョップもそうだが、相撲出身者のプロレスのつっぱりって”手だけが激しい”んだよなぁ・・・。望む、かつての寺尾や益荒雄の腰の入った回転のいいツッパリを!

10.8.25 DRAGONGATE刈谷8.JPG

メインはCIMA・GAMMA。斎了対吉野・ハルク・PACの6人タッグ。個人的に好きではない6人タッグですが、今日はビッグマッチでは絶対に見られない攻防。時間が経つのを忘れさせる抱腹絶倒の試合でした。←笑っていいのか?

最近のノリノリのGAMMA氏は何処へ行こうとしてるのか・・・。吉野のチョンボからの流れでベテラン勢はもうノリノリでした。なかなか温まらない刈谷の観客ですが、千両役者の登場でヒートアップ。華麗で多彩な技を持つWORLD1勢ですが、間違いなく試合を引っ張っていたのはCIMA&GAMMAでした。お約束のGAMMAのアレですが、今日はスペシャルバージョン・・・といっても直でハルクの顔を・・・でした。TVマッチなら放送禁止?

10.8.25 DRAGONGATE刈谷9.JPG

やりたい放題(これはいつもの攻防なのだが)GAMMA氏。やられるハルクはこの日は苦笑いというか、まったりモードで技を受けてました。

10.8.25 DRAGONGATE刈谷10.JPG

メイン終了後、今日のマイクはWARRIORS。CIMAの最近生まれた子どもの名前の話題から入って、堀口をいじる。

「やられ役の堀口のいなかったので・・・」 そう、堀口はやられ役=試合を引っ張る役。彼がいなかったおかげで皆が均等に技を受けなければならない。改めて堀口の偉大さ?を確認する。にしても堀口のズボン・・・、どう見てもコントのパジャマ姿だよ・・・。

締めは観客全員が起立しての「WOO!」でエンディング。終了直後・・・顎が痛かったです。(笑)

10.8.25 DRAGONGATE刈谷11.JPG

終了後は会場の片づけをお手伝い。本来は権利がなかったのだが、”手伝ってくれた”のを見ていたスタッフさんが「どうぞ」とポスターの頂きもの。サインはなんと堀口!

今日の不覚は、”ベテランTシャツ”を着ていかなかったことです。まさかこんな展開になるとは・・・。

欠場者も多く、小規模な大会でしたが、かなり満足度の高い興行となりました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

あまね

こんばんは、刈谷大会、お疲れ様でした☆
私は残念ながら行けなかったんですが、たくさんの写真とレポートで、会場の雰囲気を知ることができました♪
ありがとうございました☆
毎回、刈谷大会はあまり盛り上がらない印象があるんですが、今回はすごく楽しかったみたいですね☆
やはり選手やスタッフさんたちも、考えてくれていたのでしょうか??
また次いつ参戦できるか分かりませんが、刈谷が定着してくれると嬉しいなぁ♪
by あまね (2010-08-28 21:16) 

ひでのり

>あまね様
今回は嫁の要望です。(笑) 個人的にはビッグマッチではない地方大会は当たり外れもあるので一概には言えないのですが、いつも刈谷の客はおとなしいようで・・・、でも今回はとにかくWARRIORS勢がよく温めてましたよ。個人的にはスト市がいなかったのが残念でした。
by ひでのり (2010-08-30 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。